1つよりもまとめたほうがお得?

まとめての買取りの方がお店も依頼主も得をする!

ブランド品の買取を依頼する時、少しでもお得になるように売りたいと思うのは当然のことです。 ブランド品の売り方で買い取り額をアップさせる方法としては、お店の買取強化商品などのキャンペーンを利用する、季節性のある商品の場合はその使用シーズンの直前を狙って売るなどがありますが、そのような機会に恵まれない場合には、1つだけでなく複数のブランド品をまとめて売るという方法もあります。 買取を依頼する人が数点まとめてブランド品を売ってくれると、買取を行うお店側は1つの商品の買取に掛かる手間を少なくすることができます。また、宅配便を利用した買取りや出張での買取りの場合はそれに加えてコストの削減にもつながりますので、お店側としてはまとめて売ってくれたことに対して査定額をアップするといったサービスを行っているところもあるのです。

査定額に納得してないなら、まとめて売らない方が良いことも

しかし一方で、まとめて売るのではなく、1つまたはその一部を買取してもらった方がいい場合もあります。 それはお店で買取査定をしてもらった時にその査定額が低く、売ることを迷っているような場合です。多くのブランド品の場合、その査定額は発売から時間が経つにつれて下がっていくのが普通です。しかし、テレビや雑誌などで取り上げられたり、有名人が使用することで急にそのブランドの人気が出て需要が高まり、ブランドの査定額が上がるようなこともあります。 また、そのような価値の変化がなくても納得していない価格で買い取ってもらうことはやめた方が良いでしょう。まとめて売ってしまわず、査定に納得が行ったものだけを売ることで後悔のない買取にすることができるのです。